住みたい賃貸物件を見つけたときにやったほうが良いこと

こんにちは、tomoです。

賃貸物件を探すときに使うツールは何を使っていますか?

今の時代、SUUMO( https://suumo.jp/ )やCHINTAI( https://www.chintai.net/ )などのWebサイトから検索することが多いと思います。

基本的には住みたい部屋をサイトで探すほうが効率が良いと思います。

僕が紹介する手法は物件を見つけた後にやるようになります。では紹介していきます。

住みたい賃貸物件を見つけたときにする行動を紹介します

住みたい物件を見つけたときにする行動はその物件に掲載されている入居募集の看板を探すです。

こんな感じを想像してください。

この看板を探すまでには超えなければならない壁があります。

  • 物件の住所を調べる

ちょっとこれが難易度高めです。サイトに乗っている物件情報には詳細の住所が載っていません。

物件の名称からGoogleマップなどで検索するか、運が良ければマップ情報から場所がわかるかもしれません。

物件の情報がわかれば、実際に看板があるかを調べましょう。

Googleストリートビューで存在がわかればいいのですが、自ら向かえる距離なら調べに行くのも1つの手です。

なぜ入居募集の看板を探すのか

なぜこんな苦労をして看板を探すのでしょうか?

それは、看板に書いている業者とオーナーが仲が良い可能性が高いからです。

オーナーの物件にわざわざ看板を出してもらえてるので、ある程度仲は良いと考えていいと思います。

仲が良いということは、家賃交渉や初期費用の交渉がしやすいということです。

もし、あなたの住みたい物件に看板があればその業者さんに連絡してみましょう。

この看板との出会いはあなたに良いことをもたらしてくれる存在です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA