WinMergeでWord、Excel、PowerPoint、pdf、その他のファイルを比較する方法

結論から言うと、「xdocdiff WinMerge Plugin」というプラグインを使うことでWordなどのファイルを比較することができるようになります。

このプラグインを使う前はこんな感じで表示されて今いますが、

プラグインを使うことで変更箇所が分かりやすくなります。

動作環境

  • xdocdiff WinMerge Plugin Ver 1.0.6d
  • WinMerge Version 2.16.12.1 Japanese+jp-1 X64

使用方法

WinMergeのダウンロード・インストール

すでにWinMergeは入手していると思いますが、まだの方は以下のサイトでダウンロードしてください。

https://winmergejp.bitbucket.io/

プラグインのダウンロード

プラグインのダウンロードは以下のサイトから行います。

http://freemind.s57.xrea.com/xdocdiffPlugin/

このサイトには本プラグインを使われる際は、WinMerge 32bit版をお使いください。という記述があるのですが、64bit版のWinMergeでも動作しました。

プラグインのインストール

ダウンロードした「xdocdiffPlugin_1_0_6d.zip」を解凍します。

以下の2つのファイルを、WinMergeのインストールフォルダへコピーします。デフォルトは「C:\Program Files\WinMerge」です。

  • xdocdiffPlugin\xdoc2txt.exe
  • xdocdiffPlugin\zlib.dll

以下のファイルを、WinMergeのインストールフォルダ内の「MergePlugins」というフォルダにコピーします。

  • xdocdiffPlugin\MergePlugins\amb_xdocdiffPlugin.dll

WinMergeの設定

メニューバーの「プラグイン」で自動展開を設定しておきます。

メニューバーの「プラグイン」から「プラグインの設定」を選択すると以下の画面が表示されます。「amb_xdocdiffPlugin.dll」がチェックされていることを確認します。

以上で設定完了です。

これでWordなどのバージョン管理が容易になります。Gitなどと組み合わせて運用したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA