WPFでDelegateCommandを簡単に実装してみる

最近、Prismの凄さが分かってきたような気がする。。。

Prismを使うとDelegateCommandが簡単に実装できます。

簡単すぎて理解できていないかもしれませんが。

ViewModelは以下のように記述をします。

// usingは省略

class test : BindableBase
{
        public DelegateCommand TestCommand
        {
            get
            {
                if (testCommand != null) return testCommand;
                testCommand = new DelegateCommand(() =>
                {
                    // 何か処理
                });
                return testCommand;
            }
        }
        private DelegateCommand testCommand;

}

View側にはだいぶ省略してますが、以下のように記述します。


<!-- データコンテキストにTestViewModelを設定-->
<Window.DataContext>
   <viewModel:TestViewModel/>
</Window.DataContext>

<!-- ボタンのCommandにTestCommandをバインド-->
<Button Command="{Binding TestCommand}"/>

うまく実装できればView側の´TestCommand´からViewModelへ定義へ移動ができると思います。

できなければ一度ビルドすると解決するかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA