SearchConsoleで「コンテンツの幅が画面の幅を超えています」と表示された時の対処方法

こんにちは、tomoです。

GoogleSearchConsoleで「コンテンツの幅が画面の幅を超えています」というエラーが出てしまいました。モバイルユーザビリティでエラーが発生すると、モバイルフレンドリーではないと判断されてしまいます。スマートフォンでサイトを見る機会が多い今の時代にこのエラーは致命的です。

このエラーを解消するためにやったことまとめました。

SearchConsoleで「コンテンツの幅が画面の幅を超えています」と表示された時の対処方法。時には何もしないことも必要です。

結論

最初に結論を言うと、エラーはそのままで様子見することにしました。理由としては、以下の通りです。

  • 実際にスマートフォンで該当ページを見ると正しく表示される。
  • bingのテストツールではエラーにならない。
  • モバイルフレンドリーでない場合、ほぼ全てのページでエラーが発生する。

実際にスマートフォンで該当ページを見ると正しく表示される。

エラーが出ているページをスマートフォンで見ると正しく表示されているように見えます。しかし、私のスマートフォンでは正しく表示されているだけかもしれませんし、見えない箇所でエラーになっている可能性もあります。まだこれだけでは判断できません。

bingのテストツールではエラーにならない。

モバイルフレンドリーのテストツールはGoogleとbingがあります。

Google
https://search.google.com/test/mobile-friendly?hl=JA

bing
https://www.bing.com/webmaster/tools/mobile-friendliness

エラーになっているページをGoogleでテストするとエラーになりますが、bingでテストするとエラーになりませんでした。

これは大丈夫なんじゃないかと思いましたが、まだ腑に落ちない部分があるのでもう少し調査してみます。

モバイルフレンドリーでない場合、ほぼ全てのページでエラーが発生する。

通常、ウェブサイトは同じ仕組みで配信されています。そのサイトがモバイルフレンドリーでなかった場合、ほぼ全てのページがモバイルフレンドリーでないと判断されます。しかし、私のサイトでは一部のページだけがエラーとなります。

この現象はCSSの読み込みが遅いことが原因のようです。こちらの記事に詳細が書かれています。

参考 CSSのダウンロードが遅すぎると、Search Consoleでモバイルユーザビリティの警告が出ることも海外SEO情報ブログ

ページが遅い状態をそのままにするのは良くないということのようですが、しばらく様子見することにします。同じような症状の方は参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA