家族と共有したKindle端末で購入制限をかける方法

こんにちは、tomoです。

先日、新しいKindleを購入しました。家族と共有した場合、1つのアカウントで電子書籍を管理することになります。そこで困るのが、勝手に電子書籍を買われてしまうということですね。

Kindleの機能の1つに、購入制限というものがあります。家族と共有する際には、この機能の有効にすることを考えてみてはどうでしょうか?

では、この機能を有効にする方法を書きます。

購入制限を有効にする方法を紹介

ホーム画面から「設定」を選択します。

「機能制限」を選択します。

「特定の機能を制限」を選択します。「特定の機能を制限」を選択した際に、すでに何かの機能を制限している場合は、パスワード入力を求められます。

「ストア」をオフにします。

機能制限のパスワードを設定します。(すでに設定している場合は、設定済みのパスワードを入力してください)

最後に「OK」を選択すれば作業完了です。

最後に

Kindleを子どもが使う場合などは、購入制限をかけて無用なトラブルを避けたいですね。

Kindleを購入したけどログイン出来ないという方は、以下の記事を参考にしてみてください。

既存アカウントでKindle端末にログインできない場合の対処方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA